福本です。

今回もサクッといってみましょうか。

東たかのりのKAMIWAZA転売セミナー

販売業者 東たかのり

所在地 〒545-0001

大阪府大阪市阿倍野区天王寺町北2-12-5

電話番号 07056606351

Eメールアドレス info@x-resale.com

URL http://x-resale.com/letter/lp1/index.html

競合だらけのamazonで1枚の”紙”を使うコトにより完全独占販売を実現…というキャッチコピーから始まるこちらの案件。ようするに転売系の案件となるわけですが、これはいつもの転売系のオファーとはまた性質が違う中身のような気がしますね。

誰も予想出来ない裏技で全ての転売プレイヤーを欺き荒稼ぐ、とあるだけに中々スケールのデカイ数字が飛び出しています。読み進めていけば分かるように

「紙1枚でamazon市場を完全独占」

という、ちょっと面白い謳い文句があります。それが、コレ。

そして、それがコレ。商標登録です。完全合法。完全独占販売権利を国に許可させる1枚の紙の正体とは商標登録だったわけです。

この紙を国に申請することで商標権を獲得し、オリジナルの商品としてAmazonに登録。これを売っていくというものです。

要するにメーカーになることで稼げ。そういうことです。

それが初心者、ビジネス未経験者の誰もが出来るのであれば本当に苦労しないだろうな、というのが率直な私の意見です。また、この自動化システムの「ETCシステム」ですが

Amazonの代行サービスである、FBAのことを指しているのでしょう。

これは転売系の案件ではよくある話。レターでは唯一無二のシステムなどと謳ってはいますが仮にそれが東たかのり氏オリジナルのシステムであるならば当たり前にその利用料を支払われそうなんですが。笑

まあ、ここまでレターを読んでみて「ちょっとおもしろい」と感じたのは事実なんですが、ハッキリ言って初心者がいきなり国に一枚の商標登録申請をしメーカー側になるってだけでもかなりの労力です。

そもそも商品を作れば売れる…そういう時代では決してありません。

独占販売をするということは、完全オリジナルブランドの商品を作るということです。中国サイトの通販サイトであれば確かにノーブランドの安い商品はいくらでもあり、それらを上手くどうにかして自分の商品として交渉するなりするかと思いますが…この時点で難しい気がします。完全独占販売と聞くと利益を全て自分の物に出来る、というイメージがあり、聞こえもかなりいいわけですが、それが仮に売れないのであれば赤字どころか生活の支障をきたします。

副収入が欲しいということだったのに、こんな難しいビジネスを展開してさらに生活苦になれば本末転倒ですから。笑

また、商標登録するにも経費がかかります。1件で10万程度ですが。苦笑

そういったリスクを抱えたビジネスにも関わらずリスクについて触れられていない点は非常に残念ではありますが、考え方としては面白いかなと感じました。まあ、副業程度の収入を得たいのであれば
下記のコンテンツから各自調べあげ、気になるものを実践していくのが生活苦から抜け出す第一歩と思いますよ。

以上、福本でした。

副業相談、承ります。

現在、福本はインターネットを使ったビジネスで資金を作り、そこからさらに事業への投資や代理店業をメインに生計を立てています。

これまでの様々な経験から記事を執筆するにあたり、ブログ読者の方から高収入な仕事、在宅ワーク、投資案件などに関しての質問が非常に増えている傾向にあります。

こんな私見と偏見で情報を発信しておきながら、一部のコアなファンの方々からも支持されているようで非常に嬉しく思っています。

 

突然ですが、あなたはなぜこのブログに訪れたのですか?

  • 在宅でも副収入を稼いでみたい
  • 贅沢な生活を送ってみたい
  • どうしても稼がなければいけない理由がある

そんな悩みや思いを抱きながらアクセスされたのではないでしょうか?

 

インターネット上では詐欺的な投資案件、ハイプ、マルチネットワークビジネスに加え、私腹を肥やす為に平気でウソの情報を謳い、高額な商品をセールスする集団もいます。

私も耳障りのいいフレーズや広告にまんまとハメられ詐欺に遭ったり、脅迫されたり、あげくの果てに命まで狙われるようなことも過去にはありました。

あなたにはそんな思いはさせたくない。だからこそ、このブログで情報を発信し続けています。

 

…これも何かのご縁ではないでしょうか?

 

もしあなたが本当に「今の状況を脱却したい」と強く願っていながら、何も行動できていない場合…なにか私にお手伝いができれば幸いですし

私の相談で何かしらの気付きが得られれば、と。

 

微力ながらお手伝いさせてください。

 

↓福本宛ての相談メールフォームはコチラです↓

お問い合わせはこちらをクリック