精子バンクのバイト。稼げる?

精子バンクのバイト。稼げる?

福本です。

今回も引き続きアダルトなジャンルで攻めていこうかと思います。

前回の記事はコチラ↓

http://bbs-hotsidejob.net/53

やはりこういった”激しい”バイトに関しては、

基本的におすすめしづらいというかかなりの覚悟を持った人でないと

継続して稼いでいくことが難しいかと思います^^;

 

現実に鬱になってしまったり

そっちの世界に逝ってしまったりした方もいるようですし…

 

さて。

今回は精子バンクのバイト。

男性向けの、比較的人気のある男性限定のバイトです。

簡単に説明すると、男性の精子を提供するバイトですね。

 

本当にそのまんまですし、深い意味もありません(笑)

 

精子バンクとは、シングルマザーや旦那が無精子だったときの為のものでしたね。

人工授精の為に男性が精子を提供する仕事なわけです。

国内では現在、こちらの業者が行っているようです。↓

日本精子バンク

こちらの業者はサイト上で精子バンクの募集を募り

シングルマザーや旦那が無精子症の方などに

精子を提供するというビジネスを行っているんようです。

 

精子の提供についてはこちらの業者の説明によると、まずドナーになれば

精子取り出しで謝礼として5万から。

 

もちろんですが、1回で妊娠・・・なんてことは限りませんし1回の人工授精で妊娠の確率としては20%から30%ほど。

1回目の提供で妊娠に至らなかった場合は2回、3回と続けて提供することになるわけですが、その度に5万円を謝礼としてもらえるようです。

たった1回の提供で5万円もの謝礼を頂けるので

かなり美味しいバイトではないかと思うわけですが世の中そんなに甘くはありません^^;


日本が初めて始めた精子バンク業者「エクセレンス」

代表の人物です。こういった人物が代表です^^;

 

また、精子ドナーになる資格もかなりシビアだったりします。

以下参考に↓

精子ドナーになるには以下の条件をみたしている必要がございます。

  • 短期間海外に滞在することが可能な方。(海外滞在にかかる費用、旅費などは弊社が負担いたします。)
  • 20歳~35歳の方。
  • 健康な方。
  • 喫煙されない方。(過去に喫煙歴のある方は、登録時にすでに禁煙されていなくてはなりません。)
  • 性病を含む感染症・遺伝疾患を持たない方
  • 薬物・アルコール等の依存症でない方
  • 精神安定剤の服用をしていない方
  • 医療検診等でクリニックへの通院(または通院のための滞在)が可能な方
  • 検診等のための海外への渡航が可能な方

注: 実際の提供過程開始の際には、身体検査を受けて頂きます。

健康体であれば美味しいバイトであると言えますね。

ただ…継続的な報酬ではない単発なバイトなので、

それなら継続的に報酬を得れるような副業、ビジネスなどを検討していくほうが建設的かと思います。

例えばアフィリエイト。

アダルト市場なんて、人間の欲求を刺激した市場ですから

案外月数十万円程度なら安定して稼げたりしてしまうんですけどねぇ。

 

関連記事:



以上、福本でした。
下記は参考になるかと思いますので是非参考にしてみてください。

ド素人の初心者がお金を殆ど掛けずに取り組めるネットビジネス一覧

副業相談、承ります。

現在、福本はインターネットを使ったビジネスで資金を作り、そこからさらに事業への投資や代理店業をメインに生計を立てています。

これまでの様々な経験から記事を執筆するにあたり、ブログ読者の方から高収入な仕事、在宅ワーク、投資案件などに関しての質問が非常に増えている傾向にあります。

こんな私見と偏見で情報を発信しておきながら、一部のコアなファンの方々からも支持されているようで非常に嬉しく思っています。
  突然ですが、あなたはなぜこのブログに訪れたのですか?

  • 在宅でも副収入を得てみたい
  • 贅沢な生活を送ってみたい
  • どうしても稼がなければいけない理由がある

そんな悩みや思いを抱きながらアクセスされたのではないでしょうか?

  インターネット上では詐欺的な投資案件、ハイプ、マルチネットワークビジネスに加え、私腹を肥やす為に平気でウソの情報を流す詐欺師もいます。

私も耳障りのいいフレーズや広告にまんまとハメられ詐欺に遭ったり、脅迫されたり、あげくの果てに命まで狙われるようなことも過去にはありました。

…これも何かのご縁ではないでしょうか?

もしあなたが本当に「今の状況を脱却したい」と強く願っていながら、何も行動できていない場合…なにか私にお手伝いができれば幸いですし 私の相談で何かしらの気付きが得られれば、と。

微力ながらお手伝いさせてください。

  ↓福本宛ての相談メールフォームはコチラです↓
お問い合わせはこちらをクリック