【危険!】治験バイトの体験談と実際のリスク!

NO IMAGE

福本です。
大学生の間でも流行ってる高額のアルバイト
それは…「治験」
やはり、高報酬高収入のお手軽バイトといえば
なんだかんだで治験のアルバイトですよね。
治験とは…?
治験とは、新しく発売する予定の薬や健康食品、その他諸々の新しい商品を
モニターすること。
大手の製薬会社が幾度と無く失敗を繰り返しては研究し
発売直前までになった新しい薬だとか
最近話題のジェネリック薬品などをテストすることです。
8.jpg
その研究結果や、治験を受けた人の結果やデータを集め
次の研究や新薬の重要なデータとなります。
この製薬会社からの求人などを
「治験バイト」と呼んでいます。

条件も非常に緩く、大学生のような
まとまった休日、時間が取れるニートの方は
かなり美味しいバイトとなっています。
…そんないいことづくしの治験バイトなんですが
やはり「治験 バイト」と調べても
「たったの数日で何万円手に入った!」
「ほんとに寝てるだけでお金入ってきて笑った」
「お金を稼ぐのなんて簡単なんだな…」
などと言った体験談しかなく
治験を絶賛するブログ記事しかないように思えます。
…美味しい話にはやはり裏があり
簡単高収入な仕事はやはり、危険や命に関わる仕事が実際にあったりします。
治験バイトでの”リスク”
それは、副作用のことです。
体験談が掲載されているブログ、サイトでは
副作用についてほぼ、言及されていません。
「最近の薬はよく出来てるから安心!」
なんて適当な情報を振りまいてるサイトももちろん存在しますが
現に副作用は起こっているんです。

まずはこれを見てください。
薬物の治験中副作用等報告制度
紛れもない事実です。
平成22年の国内起源…636件
平成23年の国内起源…657件
平生24年の国内起源…891件

どうでしょうか?
実は、減るどころか副作用の報告はどんどん増える傾向にあるんです。
本当に副作用が起こっていて
「副作用は減ってっている」ということは絶対に有り得ないんです。

もちろん、軽度な副作用で済む場合もありますし
重度な副作用もあります。
「臨床実験天国」のインドでは恐ろしい数字が出ています。

インド当局は先週、過去1年間に治験の過程で命を落とした患者の遺族に必要な賠償を行っていないとして、9社を公に非難した。だが批判派に言わせれば、真の問題は被害者が膨大な人数に上っていること、そして当局の対応の鈍さにある。
公式な統計によれば、治験の過程で死亡したインド人は昨年だけで670人、08年以降で1500人に達する。治験に起因すると認定された死亡例はほとんどないが、治験参加中に死んだ患者の死因を調査する独立した検死機関もない。

出典:http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2011/06/post-2157.php
インドでは治験でこれだけの人が亡くなっています。
これをリスクと呼ばずなんと呼ぶか…
ですが、これはインドでの例であって
国内ではこのような重大な事故、惨事には至っています。
日本ではかなり稀なケースです。
しかし、やはり治験というのはリスク=副作用が常にあると思ってください。
治験の募集案内をしている某サイト、求人サイトでは
副作用については軽く触れる程度で、上記のような実際の治験の副作用の
データなどを公表しているところは実際にはありません。
出してしまったら応募がなくなってしまいますからね(笑)
さらに、新薬の臨床実験、治験によって仮に副作用が起こっても
新薬を投与した実施した会社および製薬会社は
その副作用のデーターを行政に提出。
提出してもデータとして残るのは治験を実施したその日から
薬を新薬として承認、受理されるまでの期間に発症したケースのみが
対象となります。
つまり、その期間を超えて上での副作用の発覚、発症は
統計のデータとして扱われず、残らないものになるので
上記のような数字がもっと、伸びる可能性も相当にあるでしょう。

副作用に関しての長い統計データや投与された後の数年後の現在など
そのようなデータは皆無。
公表するわけもなく、どのような健康被害があるのか
治験を受けた人は今、どのような状態なのか。
それが一切わからないのです。
健康被害が及んでいる可能性もありますし
一切副作用もなく、特に普段通りの日常を過ごしてるかもしれません。
いろいろと怖いことを書いてしまいましたが
ちゃんと法律にのっとって治験は行われています。
なので、実際にはびくびくして治験を受ける必要もないかもしれません。
ただ、副作用の発症した事例は年々増えていますし
それを考慮したら別のバイトを探すことを勧めるかもしれません。
「寝ているだけでお金が降ってくる」「何もスキルのない俺が数万円手に入れる」
なんて甘いワードを散りばめては人を募集しているようですが
上記の”リスク”を踏まえて治験に望んでほしいなと思います。
治験を行う医師は、患者さんに治験のメリット、
デメリットについて十分説明し、患者さんがその内容をよく理解された上で、
患者さん本人の判断により治験参加に同意していただくことになります。
やはり報酬が多い分だけ、副作用でどこかが動かなくなった、
などといった危険性もある他、医師ですら予想しない副作用が出る
可能性も少なくありません。
今何か服薬している薬も辞めた上、通院の回数頻度や期間も
通常の通院よりも圧倒的に長くなる傾向も多いので、
検討される方はデメリットの方をしっかりと把握してみましょう。
関連記事:
年間配当金1000万円以上を継続的に貰う方法
無料で入手できる「あるソフト」を使用し、1日に何度でも35,800円稼げる画期的な方法
最短で副業を成功させる方法
副業・不労所得について本気で考える~月に5万円稼ぐには?~
以上、福本でした。
下記は参考になるかと思いますので是非参考にしてみてください。

ド素人の初心者がお金を殆ど掛けずに取り組めるネットビジネス一覧

副業相談、承ります。

現在、福本はインターネットを使ったビジネスで
月に数十万稼いでいます。
また、今までの様々なリスキーな経験をブログで
書くにあたり、読者の方から仕事やアルバイトに関しても質問が
非常に増えてきました。
それだけ信頼されているのかは定かではありませんが
もし、今の生活に副収入を得たい
もうちょっと贅沢な生活を送ってみたい
どうしても稼ぎたい!
という、思いを抱いている方はぜひ
私、福本に相談いただければと思います。
私も甘いワードにつられて詐欺に遭ったり
命を狙われるような経験もありました。
…これもご縁です。
なにか私にお手伝いができれば幸いですし
私の相談で何かしらの気付きが得られればと思っています。
福本宛ての相談メールフォームはコチラです↓
福本宛て副業メール相談~変革の時~



以上、福本でした。
下記は参考になるかと思いますので是非参考にしてみてください。

ド素人の初心者がお金を殆ど掛けずに取り組めるネットビジネス一覧

副業相談、承ります。

現在、福本はインターネットを使ったビジネスで資金を作り、そこからさらに事業への投資や代理店業をメインに生計を立てています。

これまでの様々な経験から記事を執筆するにあたり、ブログ読者の方から高収入な仕事、在宅ワーク、投資案件などに関しての質問が非常に増えている傾向にあります。

こんな私見と偏見で情報を発信しておきながら、一部のコアなファンの方々からも支持されているようで非常に嬉しく思っています。
  突然ですが、あなたはなぜこのブログに訪れたのですか?

  • 在宅でも副収入を得てみたい
  • 贅沢な生活を送ってみたい
  • どうしても稼がなければいけない理由がある

そんな悩みや思いを抱きながらアクセスされたのではないでしょうか?

  インターネット上では詐欺的な投資案件、ハイプ、マルチネットワークビジネスに加え、私腹を肥やす為に平気でウソの情報を流す詐欺師もいます。

私も耳障りのいいフレーズや広告にまんまとハメられ詐欺に遭ったり、脅迫されたり、あげくの果てに命まで狙われるようなことも過去にはありました。

…これも何かのご縁ではないでしょうか?

もしあなたが本当に「今の状況を脱却したい」と強く願っていながら、何も行動できていない場合…なにか私にお手伝いができれば幸いですし 私の相談で何かしらの気付きが得られれば、と。

微力ながらお手伝いさせてください。

  ↓福本宛ての相談メールフォームはコチラです↓
お問い合わせはこちらをクリック