福本です。

ザ・ファイナル・ビッグバンという転売系の高額塾が何かと話題らしいのでシェアします。

青木たかしのTFBザ・ファイナル・ビッグバン

特定商取引法に基づく表示

販売会社 合同会社Rise Space
運営責任者 青木 たかし
所在地 東京都港区赤坂七丁目6番26号
カスタマーサポート 03-6459-2516(運営事務局) 受付時間10時~17時(土日祝休み)
メールアドレス info@tfb-s.com

1日1時間・コピペ&クリックのみ
というオファーから最後に売り出されるものは、転売ノウハウを提供する、147,000円する高額塾でした。

「1日1時間・コピペ&クリックのみ」

と謳っていたものが、転売ビジネスであることを知った時、「ん?」という反応をしてしまったのですが、逆に言えば彼らのセンスもその程度ってことです(笑)


こちらが1話目。

正直目新しさはありませんが、転売に感心があるかたは見ておいても損はないかと思います。

副業において転売、海外輸入転売など、これまでアフィリエイトといったネットビジネスを初め、比較すれば敷居の低さ、そしてなにより身近にあるものを出品して、それを高値で売れば利益が出るビジネスモデル。

シンプルゆえに奥深さがあり、その上ライバルも非常に多い為に赤字になる初心者が多いのは周知の事実だと思います。

儲かり続ける商材というのはないし、物販であるため

「その商品がなくなれば儲けが出ない」

ケースも初心者には多々あります。

つまりその商材に依存してしまって、儲けのでる商品が仕入れられなくなったら途端に儲けがなくなってしまうということです。

ビジネスを長くやっているのであればリスク分散は考えると思いますが、昨今の転売系のオファーにおいては

「仕入れさえすればなんでも売れる」

かのようにして、オファーを仕掛けて来るため転売という敷居の低さも相まって初心者の方がこぞって参加してくると。

それだけに、今回の高額塾のお誘いは

“お金さえ払えば稼げる”

と安易に考えていたら赤字になる可能性が極めて高いはずです。

1話目の動画を見ても、やはり転売、ネットビジネスで大成功され、ひたすら豪遊風景を見せるだけで一体どんなビジネスモデルで成功されているのかが不明。

青木たかし氏は過去にも転売系の高額塾の販売をしている

調べるクセが付いている方はおそらくご存知でしょうが、知らない人のためにも簡単に說明します。

過去にも

  • 青木式輸出ビジネス塾
  • Amazon輸出ビジネス解体新書
  • 輸出ビジネス完全マスタースクール
  • PERFECT-e

といった、ノウハウ販売をメインとし、インフォプレナーとして活躍されていた方です。

正直、本当に転売で稼いでんのか?と突っ込みを入れたくなるレベルの怒涛の情報販売リリースに秒速で1億円男を思い出してしまいますが。

輸出関連をメインとしてビジネスを展開されているようですが、今回のオファー、スクールの案内でのコンテンツの内容としては

  • 無在庫国内転売
  • 有在庫国内転売
  • 有在庫輸入転売
  • 無在庫輸出転売
  • 有在庫輸出転売

といった、全てのノウハウをまとめた青木たかし氏の集大成とも言える内容になっていると思います。


エレメンタル5だとか、ザ・ファイナル・ビッグバン

というスクールの名前が完全に40代のおっさんじゃ考えつかないようなネーミングだったので、提供されるであろうノウハウも名前負けしないくらい網羅してるあたり、コンテンツそのものは気合入ってるんじゃないでしょうか。笑

一応、全額返金保証なども盛り込まれているそうで、条件はこうです。

1.会社は、会員全員から全額返金制度への申し出があった場合、会員、講師および会社の三者で協議した上で会社が承認した場合には、会員に対して支払い済みの諸費用の全額を返還します。なお、諸費用のうち、スクール費用以外は、理由の如何を問わず一切返還いたしません。
2.スクール期間内(入会後6ヶ月)マニュアル通りに実践し、その結果、TOTALで利益が上がらなかった場合は、スクール代金を返金します。
その際、下記の条件を満たしている方が対象になり、事務局で審査し決定させて頂きます。
・スクール期間6か月間、マニュアル通りに実践をしていたこと。
・スクール期間6か月間、一度も決済の遅延が無いこと。
・スクール期間6か月間経過後、TOTALで利益がマイナスであること。
・全てのアカウントを開示して頂くこと。
・購入の履歴(ログ)を提出して頂くこと。
・最低限の指定した出品数を超えて頂くこと。
3. 前項に定める返金手続きは、必ず書面で行うとし、電話、ファクシミリ、電子メールその他の手段による手続きには応じかねます。
4.会員が会社と割賦販売契約を締結して諸費用を支払っている場合、支払い済みの諸費用を返金いたします。
5.会員による会社への返金申し出は、スクール期間終了後1か月以内(当概日が営業日でない場合はその前営業日とします。)に手続きを行うものとし、それ以降は返金申し出を行うことができないものとします。
6.本条に基づいて支払い済みの諸費用の返金を受けた会員は、以降本スクールを一切利用できません。
7.前各項の規定に関わらず、会社が販売する物品(ツール類等を含みますがこれらに限られません。)については、第1項に基づく全額返金の対象外です。

引用:http://tfb-s.info/hon/1seen/

とりあえず長いですね。笑

それ以前に1話目の動画から最後まで視聴しちゃってる方であれば、返金保証なんて縁のない話だと思うので、あくまでこんなものがあるよ、といった感じで引用しておきたいと思います。

半年の期間のうち、ノウハウの通りに実践して1円も稼げなかった場合には全額返金保証と、覚えておくといいでしょう。

今回のスクールの販売、初めのオファーの段階ではコピペ&クリック系の「誰でも稼げる系」だったのにも関わらず、手間の掛かる転売がビジネスモデルになるとは思ってませんでしたね。

また最近この手の即金系が増えているようで、時代はまた繰り返すとはまさにこのことでそれ以上に1万円でもいいから稼ぎたい、楽して稼ぎたいという考えの人が日に日に増えていってる、ということでしょうか。

結論として、ファイナルビックバンアタックという、オレ様系のキャラが放ちそうな必殺技のツールの詳細については明らかにされていません。

それに、転売系のノウハウはわざわざ15万円も払ってまで覚える必要性はないと思います。

大規模高額塾のデメリット

この手のド派手キャンペーンは、莫大な広告費に加え、ネット有名人などにも紹介するメリットを主催者(インフォプレナー)側が提示し、ハウスリストにメルマガがLINE@で紹介されていきます。

特に昨今、1リストあたり2000円とか、5000円なんかが当たり前になってきていて、それとともに参加する側(消費者)が割を食う形になっています。

それこそ、情報商材として売られている転売系ノウハウが2万円程度で売られているような内容が、広告費やら動画制作の費用モロモロを回収するため、参加費用が必然的に高くなっている傾向です。

短期間で高単価な商品をセールスする、このプロダクトローンチという販売手法は、一気に短期間で億という売上とリスト獲得ができる為、情報業界と言われている業界においてはごくごく当たり前に行われているマーケティング手法です。

だからこそ、年々ド派手に、かつ誰でも簡単に稼げるかのような入り口からリストを獲得していって、動画で教育して、セールスの段階で共感話や突然泣いてみたりと、見る人によっては”詐欺的”なものだと言われているわけです。

消費者からすれば、その稼ぎ方を、提示された販売価格で手に入れられればいいと思ってはいますが、

  • 稼げるまでサポートする
  • 初月からウン十万円稼げる

などと謳っているだけあって、まー参加者のリテラシーというか、“ビジネスに向き合う姿勢や意識が低い傾向“にあります。

それもまた当然で、販売者側も動画で話してる内容がそもそもウソつくのが大前提なキャンペーンもあったりするので、

その話をまともに真に受けてしまう→楽して稼ぎたいユーザーが集まる→参加しても指示待ち→稼げない

という、誰も幸せになれない悪循環が発生します。こうなってくると販売者側もそういった怠惰な、大量の参加者をサポートしなければいけないため、

“ビジネスは自分で行動しない限り結果は付いてこない”

ことをわかっている、まともなユーザーが割を食う形になります。

サポートが受けられない可能性

稼げるまでサポートすると謳っておいたものが、そもそもやる気のない指示待ち人間をサポートするのに時間も労力も割いてしまうが為に、本来成果を出せるであろう参加者がサポートを受けれないが為に、ネット上では

「○○塾はサポートがなかった。詐欺だ」

と、口コミやらブログで取り上げられ叩かれる…こういう循環になります。ただ売上だけを追求し、ユーザーも選ばずに「誰でも稼げる」と謳って集めたユーザーを稼がせられなかったら「○○塾は詐欺」と言われても仕方ないと思います。

そもそも塾長は1人であり、この手のキャンペーンで集まった参加者は数十人から数百人ほどになりますから、物理的にマンツーマンのサポートは期待できないのは当然なのです。

ノウハウそのものがよくても、文言を全て鵜呑みにして、

「この人についていけば稼がせてくれるかも」

といった淡い期待を持って参加すること自体は辞めておいた方がいいです。笑

そもそもな話、転売やせどりといったビジネスモデルそのものは、もう10年前以上からヤフオク転売などから始まっていて、ノウハウそのものはほぼほぼ出尽くしている状況です。

インターネットで普通に無在庫転売の仕組みや転売で儲ける方法というのは調べれば簡単に出てきます。

ツールが優秀だからこそのオファーだと、私は思っていたんですが、そのツールの詳細は動画の中で一切解説されていないことから不信感しかありません。

それに、最近フリマアプリの「メルカリ」では業者アカウントが一気に凍結祭りのようで、メルカリで稼いでいた方が一瞬で収入がなくなった云々の話は最近小耳に挟みました。

勢いがあるサービスとか、プラットフォームに依存するものはそういったリスクがある、ということですね。

自分の力でお客さんを集められるというのであれば、自分がメーカーになって商品を販売すれば儲けがでるのはわかります。

しかし、メルカリやヤフオクといったプラットフォームは広告を打ったりなどして利用者を増やしてくれるから、集客の力は実質不要で出品していくだけで商品は売れます。

しかし、それだけじゃ本当の意味での「スキル」は身に付かない。

ここ最近では無在庫転売がリスクもなく初心者は始めやすいと言われていて、メルカリでは本来は禁止されている無在庫転売を行っていた業者アカウントが一気に凍結させられた原因なのではないか?と言われているくらいです。

ですから、そういった”グレー”な方法を初心者だからといって、ノウハウとして15万円というスクール内で提供していたら

“規約違反を推奨している販売者”

として話題になりそうですね。

あくまで推測ではあるものの、転売というビジネスモデルは稼ぎやすいシンプルなビジネスだと思います。

とはいえ、それだけに参入者も多くやることはシンプルゆえに価格設定をすぐに合わせてきたり、個人では太刀打ちできない価格で出品されたら稼げなくなるのは目に見えてます。

ちなみにリスクがない無在庫転売が規約内でOKとされているプラットフォームは「Buyma」くらいです。

青木たかし氏のTFBザ・ファイナル・ビッグバン

私には矛盾だらけで参加する価値は私にはありませんでしたが、あなたはどう思いますか?

以上、福本でした。

副業相談、承ります。

現在、福本はインターネットを使ったビジネスで資金を作り、そこからさらに事業への投資や代理店業をメインに生計を立てています。

これまでの様々な経験から記事を執筆するにあたり、ブログ読者の方から高収入な仕事、在宅ワーク、投資案件などに関しての質問が非常に増えている傾向にあります。

こんな私見と偏見で情報を発信しておきながら、一部のコアなファンの方々からも支持されているようで非常に嬉しく思っています。

 

突然ですが、あなたはなぜこのブログに訪れたのですか?

  • 在宅でも副収入を稼いでみたい
  • 贅沢な生活を送ってみたい
  • どうしても稼がなければいけない理由がある

そんな悩みや思いを抱きながらアクセスされたのではないでしょうか?

 

インターネット上では詐欺的な投資案件、ハイプ、マルチネットワークビジネスに加え、私腹を肥やす為に平気でウソの情報を謳い、高額な商品をセールスする集団もいます。

私も耳障りのいいフレーズや広告にまんまとハメられ詐欺に遭ったり、脅迫されたり、あげくの果てに命まで狙われるようなことも過去にはありました。

あなたにはそんな思いはさせたくない。だからこそ、このブログで情報を発信し続けています。

 

…これも何かのご縁ではないでしょうか?

 

もしあなたが本当に「今の状況を脱却したい」と強く願っていながら、何も行動できていない場合…なにか私にお手伝いができれば幸いですし

私の相談で何かしらの気付きが得られれば、と。

 

微力ながらお手伝いさせてください。

 

↓福本宛ての相談メールフォームはコチラです↓

お問い合わせはこちらをクリック