福本です。
ほね.jpg
有名な都市伝説を紹介します。

骨折バイト
大学2年の頃の話しです。
例によって金欠病に悩まされ、毎日に何をするわけでもなく部屋でゴロゴロ寝ているだけの日々を送っていた僕の所にバイトの話がありました。
「大学病院で骨折ってみない?」
「・・・はい?」
「腕の骨を折って10万だよ。治療費は別。夏休みの間で骨は完治するって」
友達からの話しだったのですが、いろいろ具体的に教えてくれました。
「骨の再生過程の研究」だの
「万力のような機械でゆっくりと圧力をかけていって折る」だの
「きれいに折れた骨でないといけないから、事故の患者では研究できない」だの
「骨を折っても夏休みだから大丈夫」だの
「ただし、麻酔はない。骨の折れ方と、そのときの神経伝達とかも測定するから」だの
色々と聞いたんですが、お金がないこともあってやるかやらないか迷いました。
結局はやりませんでした。
痛そうでしたので。
被験者は別に見つかったそうです。

昔から有名な都市伝説バイトです。
もちろん、こんなものは存在しないのですが
念のため、紹介しておきます。
ちなみに、あなたはこの記事を読んで
10万、20万円もらえるなら骨を折りますか?
私はもちろん嫌ですが…^^;
理由としては
骨折の期間は骨折の箇所や折れ方にもよりますが
少なくとも1ヶ月~
仮に骨折している期間が1ヶ月の場合
この、「骨折バイト」の報酬が10万円なら採算合わないですよね。
1ヶ月経たずとも10万円使いきってしまいそうですが…
もらえる金額がこの100倍程度であれば考えますよ(笑)
いろんなところで語られてますが
この”骨折バイト”の目的として考えられることが
1.骨折をさせ、その後の治療の経過をデータにする
2.骨がどの程度で折れるか観察をする
3.骨が折れる瞬間を観察する(ヒビなど)
まず、1番ですが…
やはり、バイトを雇わずともって感じですよね。
事故でいくらでも健康な人折ってますからね。
そして、経過なんて生活習慣や体質でガラッと変わります。
まあ、当たり前なんですが。
そんな一般人のデータ取ったって…ってかんじですよね。
価値があるようには思えないのです。
次に2番。
これに関しては個々によって骨の強度も骨密度も違います。
「どの程度で折れるか」なんて人によります。
…1番と同様なことを言ってますよね(笑)
年齢によっても違いますし、そんなとこ観察しても…といった感じですね。
最後に3番。
一体何を観察するのか…
何の役に立つのか…
1番、2番でも言ったとおり、個人差があって
その人個人のデータに価値があるとは到底思えないんですよね。
何かのすごい肩書の人が折ったデータならまだわかるのですが…(笑)
つまりは、全く採算の合わないバイトってことです。
そもそも10万ぽっちって…
結論としてこれはもちろんデマの都市伝説です。
実際に骨折バイトの体験談を語る人を見たことありませんし
無論、聞いたこともないです。
完全なデマです。
単純に楽して稼ぎたいのであれば
こういった考え方は必要かもしれません。
副業で何がなんでも結果を出す唯一無二の方法
関連記事:無料で入手できる「あるソフト」を使用し、1日に何度でも35,800円稼げる画期的な方法

副業相談、承ります。

現在、福本はインターネットを使ったビジネスで
月に数十万稼いでいます。
また、今までの様々なリスキーな経験をブログで
書くにあたり、読者の方から仕事やアルバイトに関しても質問が
非常に増えてきました。
それだけ信頼されているのかは定かではありませんが
もし、今の生活に副収入を得たい
もうちょっと贅沢な生活を送ってみたい
どうしても稼ぎたい!
という、思いを抱いている方はぜひ
私、福本に相談いただければと思います。
私も甘いワードにつられて詐欺に遭ったり
命を狙われるような経験もありました。
…これもご縁です。
なにか私にお手伝いができれば幸いですし
私の相談で何かしらの気付きが得られればと思っています。
福本宛ての相談メールフォームはコチラです↓
福本宛て副業メール相談~変革の時~